20代の頃、毎年フィンランドのヘルシンキへ行く機会がありました。私の初めての海外出張先はヘルシンキ、いやもっと言えば最初のヨーロッパ上陸地点がこのフィンランドのヘルシンキだったのです。

26歳の9月、当時はFinnAirでしか飛べないシベリアンルート(欧州便はアンカレッジで給油の時代)で到着したヘルシンキ。深い森の中にひたすら突っ込んでいくような着陸でした。

ヘルシンキ港に面したカウパトリ(朝市)でコーヒーとデニッシュペストリーをつまんで、おやつ代わりのブルーベリーやボイズンベリーを買ってオフィスに出勤。9月というのにもう晩秋のような冷たい風、真っ青に晴れ渡った空と海。上空を飛び交うカモメたち。

シベリウスの交響詩フィンランディアそのものの澄み切った空気。その後、訪れた英国、フランス、スペイン、ギリシャ、ドイツ、オーストリア、スイスや東欧の街々とも異なる、よどみない空気に包まれた国。それが私にとってのフィンランドでした。

そんなフィンランドとは緯度も気候も文化も全く異なるシンガポールに、なぜか私は住んでいます。

アジアの国々は大好きだけど、時折、無性にあの冷たく透明な空気がなつかしくなります。

そんな折、知人が主催する会社が1960年代の後半からヘルシンキに在住するピアニスト、舘野泉氏のシンガポール初公演の企画運営をする話を聞きました。イズミ・タテノは当時のフィンランドでも既に有名であり、またクラシック音楽界においても既に確固とした地位を築いている音楽家でいらっしゃいます。フィンランド政府からも終身芸術家手当を支給されているほどの地位にあり、北欧に長く根付いて演奏活動を続けてこられたそうです。

数年前、脳溢血により右半身不随となりながらも、不屈の精神で2年間のリハビリを乗り越え、その後は左手だけの演奏で見事に第一線に復帰されました。CDを聴きましたが片手での演奏とは思えないほど流麗なピアノでした(両手満足にもかかわらず、ソナチネの後半でドロップアウトした自分が情けないです・・・笑)。

フィンランドへの思い、長年のクラシックファンとしての思いから、ささやかながらもコーポレートスポンサーとしてPrime Business Consultancyもご協力させていただくことにいたしました。

今週土曜日にはストレートタイムスの取材と写真撮影も入り、ボランティアの通訳としてお手伝いをさせていただく機会もいただきました。

目を閉じるとカウパトリの上空を海鳥が舞う青い空が浮かんできます。カウパトリ広場から続く階段を上った大聖堂から眺めるヘルシンキ港を見ていると、ちっぽけな悩みなど吹き飛んでしまう壮大さを感じたものでした。

この南国で、あの舘野氏と直接お会いし演奏を聴ける機会をいただいたことに感謝しています。6月1日が本当に楽しみです。

皆様、よろしければ是非、いらしてください。
会場でお会いいたしましょう!

コンサート情報は下記よりどうぞ。
http://www.lamuse-singapore.com/ja.html